• ホーム
  •  > 特集:UL(ウルトラライト)志向の登山スタイルを極限まで追求できるバックパック「RADICAL」

UL(ウルトラライト)志向の登山スタイルを極限まで追求できるバックパック「RADICAL」

軽いザックを使っていて、こんなふうに感じたことありませんか?

  • 生地が薄いために切れたり裂けたりしやすい
  • パッキングしたものが背中に当たって、背負い心地が悪い
  • 軽くするために機能を削っているから使い勝手がイマイチ
  • 「軽い」以外の利点が見当たらない

ライト&ファーストを志向する登山者へ
ハイパフォーマンスを実現する
ダイニーマ製超軽量バックパック
「RADICAL」シリーズ

※RADICAL・・・徹底していて急進的であること

SPECIAL MOVIE

RADICAL for Alpinist

北鎌尾根をスピーディーにトレースする

例えば北鎌尾根、前穂北尾根、剱岳北方稜線の核心部をワンデイでスピーディにトレースするとき、上記のような軽量バックパックの欠点はあなたの山行の足を引っ張りかねません。

「RADICAL」がなぜアルパイン・ルートをスピーディに成功させるのに役立つかをご説明します。

RADICAL 使用イメージ

WHAT's Dyneema

超軽量&超高強度繊維ダイニーマ

軽量バックパック「RADICAL」の最大の特徴は、クライミングのスリングにも使われている繊維ダイニーマで作られているところです。

ダイニーマとは「高強度ポリエチレン繊維」の商品名です。ダイニーマは引っ張り強度や屈曲強度に極めて強く、また、耐摩耗性は他の高機能繊維に比べて10倍以上優れています

船舶用などの水回りに多く使用されています。その理由は高い強度に加え比重が0.97で水に浮くほど軽いためです。単純比較で、同じ強さであればワイヤーロープの1/8の太さとなり、操作性に優れています。

RADICAL 使用イメージ

こうした繊維としての特性を活かしつつ、低公害で省エネルギー性に優れたUV樹脂でラミネートし、極薄のフィルム状の生地が作られました。この生地は防弾ベストにも使用されるほど強靭且つ軽量で、鉄の15倍もの強さがあります

最初はパリパリとしていますが、くしゃくしゃにすることでしなやかさが出てきます。生地には高い防水性があるため染色ができず、透け感のある風合いがそのまま使われます。この生地をメインファブリックに使用したのが「RADICAL」です。

超軽量&超高強度繊維ダイニーマ・イメージ

RADICAL FAQ

Q.耐久性はどのくらい?

RADICAL使用イメージ

イタリアの山岳パトロール隊において、年間約250日x3年間使い回した結果、まだ十分に使用できる状態を維持していることが実証されました。これは通常の登山で約10年間使用されるのと同等の使用頻度と考えられています。

Q.強度はどのくらい?

ダイニーマ イメージ

ダイニーマの強度は先に述べた通りで、通常のリップストップの生地に比べてもその違いは明らかです。耐摩耗性に優れているとは言え、尖ったものに当たればもちろん穴は開きます。しかしそこから裂けてキズが広がるという耐性については極度に強い性質があります。つまり引っかきキズが誘因となって引き裂けることはないと考えて良いでしょう。

Q.防水機能はある?

ダイニーマ イメージ

バックパック全体には縫い目があり、またパーツの生地などにも防水加工が施されていないため、防水機能はありません。しかしながら、メインファブリックであるダイニーマそのものは水分を吸収しない性質のため、雨に濡れて重くなることはありません

Q.製品保証は?

High Labライン製品保証イメージ

Ferrinoのラインナップの中でも最高品質を保証するHigh LabラインのひとつであるRADICALは、購入日より3年間の製品保証があります。

Why RADICAL

ULスタイルの登山を実現する傑出した
機能性、快適性を追求した「RADICAL45+10」

ロープやクライミングギアを入れてのワンデイ・プッシュに理想的な容量です。冬季はアイスクライミング、無雪期は岩稜や稜線へ抜けるアルパインルートにおいて、真価を発揮するようデザインされています。

RADICAL45+10
フロント・フルオープンのジッパー

① フロント・フルオープンのジッパー

デッドスペースのないスピーディーなパッキングが可能。

また、上下両サイドから開閉可能なダブルジップ式のため、パッキングしたものをそのままに下からカッパや防寒着など必要なものだけを引っ張り出すこともできます。

ウェストベルトのポケット

② ウェストベルトのポケット

ウェストベルトの右側のみジッパー付きポケットがあり、貴重品、ジェル、FAなどの収納に便利。

独自機能のあるトップリッド(天蓋)

③ 独自機能のあるトップリッド(天蓋)

背面側は金具のフック式で、天蓋そのものを取り外して軽量化も可能。

天蓋内はメッシュで部屋分けされ、内部で2段になっています。乱雑になりがちな天蓋内で小物が行方不明になりにくいのも嬉しいポイント。

ロールトップ・クロージャー

④ ロールトップ・クロージャー

本体はロールトップ・クロージャー式のため、天蓋がなくても完全にクローズすることができます。

ヘッドストラップを併用することで、ロープを振り分けて外付けすることも可能です。

取り外し可能なバックパネル

⑤ 取り外し可能なバックパネル

安定した背面機能を補うためのバックパネルが本体内面にあり、このパネルは取り外しができます。

バックパネルとアルミ製キャリア・フレーム、トップリッドを取り外すことで本体を570gまで軽量化できます。

内部ギアラック機能

⑥ 内部ギアラック機能

ギア類をスピーディーにまとめておくためのギアラックが、内部のバックパネルポケットの上についています。

ストラップの軽量化

⑦ ストラップの軽量化

軽量化のためストラップは必要最低限の長さと細さを採用。また、強風下ではためかないよう、余ったストラップをまとめておくためのベルクロが付いていて、スマートな見た目にも貢献しています。

エルゴノミック背面システム

⑧ エルゴノミック背面システム

背負い心地の良い通気性に優れた背面システムと、肩への負荷軽減のための厚みのあるショルダーストラップを使用。

軽さを究極的に追求した「RADICAL 30」

「RADICAL 30」容量はクライミングを伴わないデイハイク・サイズですが、志向的には究極の軽さに特化したモデルです。体力不足をカバーするための軽量化としての用途はもちろん、そのコンパクト性と軽量性を活かしてアタックザック(サブザック)として携行するという使い方もできます。

RADICAL30
30Lクラスで僅か490g

① 30Lクラスで僅か490g

ダイニーマの耐久性はそのままに、究極的な軽さを追求。背面パネルもなくし、驚くほどコンパクトになります。

一本締め

② 一本締め

単純にパーツが少ないほうが軽いという、軽さへのこだわりによるデザイン。

ファースト・コンプレッション・システム

③ ファースト・コンプレッション・システム

サイドからウェストへとつながるダイニーマ・コードを引くことで、背負ったままスピーディにコンプレッションが可能。

天蓋のセンタージップ

④ 天蓋のセンタージップ

天蓋は見た目もクールなセンタージップ式。小さな工夫ですが、大きく開閉し、出し入れしやすい。天蓋そのものは防水ではありませんが、撥水性を確実にするために止水ジッパーが採用されています。

ダイニーマコード付属

⑤ ダイニーマコード付属

ダイニーマコードが付属していて、ボトムにマットなどの大きなものを外付けすることも可能。

背面システム

⑥ 背面システム

通気性&快適性を考慮しつつ、容量的にもミニマムなショルダーストラップ&メッシュの背面システム。軽量化のため上部のショルダーストラップの調整機能は省かれています。

USER's VOICE

RADICAL ユーザーボイス01

VOICE 01

登山インストラクター

U.K.さん

20年以上にわたる登山経験をもとに、実践的な登山スクールを開校。安全技術と登山道具については余りにも造詣が深い。

攻めた登山にこそ、選びたい選択

圧倒的な軽さと必要機能の両立が素晴らしいバックパックだなと感じます。正直ただ軽いだけのバックパックから、UL系の商品を選べば存在するんです。でもアルパインクライミングを考えた時、あまりにシンプルすぎるバックパックは使いやすいとは言い難い。ラディカル30は、このあたりのことがちゃんとわかってるなって思います。

例えば内部の背中側のスリット。ハイドレーションポケットにしてはあまりに浅いし、最初はこれ、何に使うんだろうって疑問に感じました。でもここにスリーピングマットを畳んで入れると薄い背面のラディカル30でも背負い心地がめちゃくちゃ良くなるんです!

背面プレートが入っていないバックパックですが、荷物をきれいに詰めると背中に沿った形状にちゃんとなる。ちゃんと考えた裁断デザインになっている証拠です。

この手の超軽量バックパックでは省略されがちな背面生地も、通気性の良いメッシュになっていて蒸れません。また全部ダイニーマにしちゃえばもっと数字上の軽量化を狙えるにも関わらず、トップリッドの上とボトムは丈夫なナイロン生地を選択している。極限の軽量化の中にも、守るべき強度はちゃんと保たせてるというのも、アルパインクライミングにおける安心感に繋がります。

ダイニーマという素材の特性に、まったく水を吸わないという利点があります。雨や湿雪に濡れれば、生地は重みを増します。ただ軽量なだけじゃない、重くならないということも大切な要素ではないでしょうか。

ラディカルには様々なサイズがラインナップされていますが、僕にはこの30Lがちょうどよい。
工夫すればテント泊装備だって入るし、一般的な装備を組み合わせても、ビバークギヤを含めた1dayのアルパインクライミングにピッタリのサイズです!

誰にでも使いやすいバックパックではないかも知れないけど、ちゃんと分かってるクライマーにとっては他に類を見ない、とても良い相棒になってくれると思います。

RADICAL ユーザーボイス02

VOICE 02

会社員

K.U.さん

クライミングを中心に3シーズンはフリーとアルパイン、冬はアイス・クライミングを行う。アクティビティや趣味を追求するタイプで 、それらには時間とお金を惜しまない。

リスクあるアルパイン山行の安心感につながる

自分は新製品への感度は高い方で、ザックならすでに大型バックパックからトレラン用まで合わせると10個以上所有しています。
ダイニーマ自体は新しい素材というわけではありませんが、このダイニーマ+ザックという組み合わせはありそうでなかったものだと思います。

ダイニーマという素材に対して軽量・丈夫・斬新といった評判は聞いていたし、これまで使用してきた個人的信頼感もあって、「ダイニーマ製のザック」と聞いた瞬間、直感的に気持ちが高鳴りました。 ダイニーマはクライミングに使用するスリングの素材なので、馴染みがありました。ナイロン素材と比べて防水性能が高く、凍りづらい、破断しづらいというイメージを自分のクライミングスタイルに重ね合わせることができました。 そうなると、もはや試さない理由がないですね。

デザインはダイニーマの白を基調とした面積と赤の雨蓋 、背面のメッシュの質感とのバランスが良い。

透けているのでまるでビニールのアタックザックを想起させられますが、手にした感触は直ぐにタフでヘビーユースに耐えるダイニーマという素材への期待とつながりました。 実践では秋の錫杖クライミング、冬の甲斐駒ケ岳黄蓮谷のアルパインアイスとスタイルを問わず活躍しています。

グローブをしているとギアや食料の出し入れがかなりストレスですが、フルオープン(上下両側から開く)のフロントアクセスのおかげでそうしたストレスがありませんでした。さらにチムニーや岩角でザックが擦れても生地へのダメージの心配が全くありません。背面メッシュ素材は高強度パッドもあり、ショルダーハーネスも適度に肉厚だから身体に食い込んだりする不快感が全くなかったです。何より、ダイニーマであるという信頼感は抜群で、リスクのある山行の安心感につながっています

季節や山行スタイルを気にせず使える軽くてタフなRadical 45 + 10(ラディカル45+10) は早くも今シーズンのザックの主役となってしまい、他のメーカーの出番が ほとんどなくなりそうです。

RADICAL ユーザーボイス03

VOICE 03

会社経営ほか

T.H.さん

ファッションジャーナリスト・ショップ店長などの経歴から自他ともに認める素材マニアで、アウトドア誌でのライティングも多数。10以上の肩書きを持つオールラウンダーゆえ、趣味のクライミングをする時間が少ないことが目下の悩み。

超軽量なのに超快適。欠点なしのハイスペックザック

晴れた週末は、おもに小川山や湯河原幕岩、御岳などでクライミングを楽しんでいます。ルートクライミングに出かけるときは、某ブランドのウルトラライト(UL)系30Lザックを背負い、ロープバックを前掛け。これによりカラダの前後に荷重を分散させ、少しでもアプローチを軽快にすることで、パワーをクライミングにとっておきたいという意図です。

「RADICAL 45+10」を入手してからは、ザックの容量がアップしたため、別持ちしていたロープもザック内へ。重くなった分だけ疲れるかと思いきや、いつまで経ってもなぜか疲れない! 歩きながら何度も「あれ?」とつぶやいてしまったほどです。

疲れにくい理由はなんと言ってもザックそのものの軽さゆえでしょう。デフォルトでも970gと1kgを切る軽さ、天蓋など取り外し可能なパーツをすべて外せば570gとTシャツ3枚分程度の重量しかなく、もはやザックそのものの重さを感じないレベルです!

加えて、“軽さを追求したため背負い心地が犠牲に”といったUL系にありがちなデメリットをカバーして余りある最先端の背面構造。“通気性に優れたメッシュ生地+高密度のパッド+優れた荷重バランスと安定性を生み出すパネル”、これらは人間工学に基づいてデザインされているのだとか。まったく疲れを感じなかったのも納得です。

RADICALに採用されている素材は、クライミングのスリングなどに使われているダイニーマ。命を預けるギアのひとつであるスリングに用いられている素材ですから、ザックを使う前からすでに絶大な信頼をしていました。が、実際に試さないことには…と、岩場でのレスト中に耐摩耗性をチェック。足元に転がっていた石で、新品のかわいいRADICALちゃんをゴシゴシとこすり続けること1分間。破れたらどうしようと内心ハラハラしましたが、さすがダイニーマ、破れるどころか何の変化もありませんでした。ダイニーマの耐摩耗性は他の高機能繊維の10倍以上と言われているのも頷けます。

防水機能がないことは残念ですが、ダイニーマという素材の性質上、水を吸わないので、例えるなら“超撥水”という感じでしょうか。実際に雨にも雪にも降られましたが、ザック内の荷物はほぼ濡れませんでした。「DRY HIKE」や「ULTIMATE38」などの100%防水のザックも試してみたいです。

水を吸わない=染色できないことからこのスケスケな見た目になっているとのこと。実は、中身が透けて見えるのはちょっとイヤだなと思っていました。しかしながら実際にパッキングしてみると、シューズやウエアを入れているスタッフバッグの色や柄がうっすら見えるのもなんだかオシャレな気がしてきました。見た目でテンションが上がることも楽しいアウトドアライフには重要なポイント。フロントがフルオープンすることによるパッキングのしやすさも手伝い、岩場に出かける前の準備段階から楽しめています。

超軽量なのに超快適、岩や石でこすれても安心の高強度、パッキングしやすく見た目も楽しめる──そんなザック、他にはないかも!? もはやRADICAL以外のザックたちの出番が見当たりません(笑)。

ちなみに、RADICALの右ショルダーベルトには、同じくフェリーノの「X-TRACK CASE」を付け、スマホや小物を入れています。美しい景色に出合ったときサッと取り出して撮影できるので、撮り逃しがなくなり想像以上に便利。
RADICAL + X-TRACK CASE、アウトドアでの最強コンビです!

LINE UP

RADICAL 45+10 (ラディカル45+10)

RADICAL45+10

RADICAL 45+10
(ラディカル45+10)

入会金・年会費無料のフェリーノ会員に登録

RADICAL45+10会員価格

フェリーノ会員に登録する

商品の詳細ページを見る

RADICAL45+10

RADICAL 45+10
(ラディカル45+10)

SPEC

素材 メインファブリック:ダイニーマ
ダブルダイアモンド・コーデュラ、ナイロン50D Dot Dobby Ripstop
容量 45+10L
サイズ 65x30x28cm
重量 kg : max 0.970kg/min 0.570kg
原産国 ベトナム
販売価格 32,724円(税込)

RADICAL 30(ラディカル30)

RADICAL30

RADICAL 30
(ラディカル30)

入会金・年会費無料のフェリーノ会員に登録

RADICAL30会員価格

フェリーノ会員に登録する

商品の詳細ページを見る

RADICAL30

RADICAL 30
(ラディカル30)

SPEC

素材 メインファブリック:ダイニーマ
ダブルダイアモンド・コーデュラ、ナイロン50D Dot Dobby Ripstop
容量 30L
サイズ 62x31x23cm
重量 kg : max 0.490kg/min 0.465kg
原産国 ベトナム
販売価格 28,868円(税込)

当ショップ限定サービス

  • 通常の会員ポイント1%に加え、初回購入時に次回以降に使える100ポイントを進呈
  • メールマガジンにご登録いただければ、各種優待、特典、イベントなどのご案内のほか、コンテンツ提供もさせていただきますので、お買い物以外にもより充実したアウトドア体験をお楽しみいただけます。
  • さらに届いた日から3年間の製品保証と、未使用なら7日以内の返品保証もおつけします。

SPECIAL OFFER

このページをご覧いただいたあなたへの6大特典

  1. フェリーノ会員登録で全商品いつでも10%OFF
  2. 初めてのご購入なら、さらに10%OFF初回割引クーポンはコチラ
  3. 次回以降に使える1%分のポイント+初めてのご購入なら100ポイントを進呈
  4. メルマガ登録で、メルマガ限定の特別な情報をゲット
  5. 3年間の製品保証
  6. 未使用なら7日以内は返品OK

傑出した機能性、快適性を追求し、
ULスタイルの登山を実現
RADICAL 45+10

商品詳細ページ

30Lクラスで僅か490g!
軽さを究極的に追求
RADICAL 30

商品詳細ページ

80+10Lで驚異の1kg切り!
大容量エクスペディション・バックパック
RADICAL 80+10

商品詳細ページ

他の特集

ULTIMATE 38 特集ページ
DRY HIKE 特集ページ

返品について

返品期限
商品到着後7日以内。 
返品送料
不良品交換、誤品配送交換は当店負担とさせていただきます。
サイズやカラー交換などお客様のご都合による返品交換の場合は、お客様のご負担とさせていただきますので、ご了承ください。
なお、返品される際は必ず事前にお問い合わせください。 

配送・送料について

佐川急便
【送料】
※送料はお客様の御負担となります。
下記地域以外は一律600円です。
【北海道】北海道…800円
【沖縄】沖縄…800円
※上記すべて税込
※一箇所のお届け先のご購入が11,000円(税込)以上で送料無料とさせていただきます。
※一部離島地域につきましては、別途ご連絡させていただきます。
※商品合計160サイズ、25kg以上の場合は別途ご連絡いたします。
※お届け先複数の場合は複数の送料が発生いたしますのでご了承ください。 

支払い方法について

クレジットカード決済

一括払い / リボ払い / 分割払いがご利用いただけます。
※クレジットカードの種類によってはリボ払い分割払いがご利用いただけない場合があります。 
商品代引き(佐川急便)
現金またはクレジットカードでのお支払いとなります。
【代金引換手数料】
お客様お支払額合計(商品代金+送料)が
10,000円未満  330円
10,000円以上〜30,000円未満 440円
30,000円以上 0円
※上記すべて税込
※お支払い金額が300,000円(税込)を越える場合はご利用できません。申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。  
銀行振込
振込手数料はお客様のご負担となります。
※ご購入日から7日以内にお振り込みをお願いいたします。  
コンビニ払い
ご注文確定後に送信されるご案内メールに従って、お支払い手続きをお願いいたします。
ご注文確定日から7日以内にお振り込みをお願いいたします。
決済手数料はお客様のご負担となります。
【決済手数料】
10,000円未満  220円
10,000円以上〜30,000円未満 330円
30,000円以上 0円

ご利用いただけるコンビニエンスストアは以下の通りです。
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・セイコーマート 
Amazon Pay
総合オンラインストアAmazon.co.jpのアカウントでログインすることで、お買い物する際に個人情報などを入力する必要がなくなり、スムーズにご購入いただけます。 

営業日について

2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
定休日:土日祝、年末年始

モバイルショップ